「スキルなし エンジニア」に転職できるのか

「スキルなし エンジニア」といっても、何もせずにただ闇雲に企業の面接を受けるという行動を続けるのは計画性がなく、転職が成功するかは疑問符がつきます。
ネットでのサービスを利用して、少しでも自分で学んでみるという行動を起こしてみるのがいいでしょう。

実際企業での面接では、自分でエンジニアの仕事について学び取ろうとする姿勢が大きなアピールポイントになるのです。
「未経験なので、エンジニアについては全然分かりませんし、何一つ学んでません」では、この仕事に取り組んでいく意欲が無いのではと取られかねません。
また、応募先についてはしっかりと事前にリサーチをすることが推奨されます。

企業の面接において、必ずといっていい「質問がありますか」という問いに、しっかりと自分の意見で具体的な質問をできるようにしましょう。
それだけでなく、未経験ゆえの自分にしか言えない志望動機といったものもアピールポイントにしていきたいです。
ありきたりな答えをするならばいろいろ思いつくものですが、未経験という強みをいかして、単純に子供ころにプログラミングに憧れていたなどの強い気持ちやエンジニアへの就業意欲を頭の中で整理して伝えていくといいでしょう。

転職して自分が経験していない世界を目指すということは、かなりの決断です。
この決断をしなければよかったと後悔しないために自らのアピールポイントを余すことなく企業に見せていくことが重要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です