スキルなし エンジニアの転職への心構え

転職市場において、企業が求める人材像はプログラミングテクニックが高いことに加えて、ビジネススキルの感覚を持つ人です。
エンジニアはとかく技術者としてのスキル磨きには積極的ですが、コミュニケーションなどのビジネススキルは後回しにしがちです。
円滑にプロジェクトを遂行させるためには、高度なビジネススキルを持った人材が不可欠です。
適切な情報を早く届けることで、無駄な作業や事故の発生を防ぐことができます。けれどもそれを行う人にビジネススキルが無ければ、その情報の重要性は分からず、そしていかに迅速に届ける必要があるかも理解できないものです。

そのためにスキルなし エンジニアは、普段のプログラミング技術の向上はもちろんのこと、職場でのコミュニケーションや業務内容の効率化などを常に考えることが必要です。
さらに、多くの場合ひとつのプロジェクトに長い間携わることになります。
その中で毎日同じような業務を繰り返すことで、どうしても新しい技術に触れる機会がないものです。少しでも新しい技術を勉強したり、あるいは現在取り組んでいる業務を深く究めることを心掛けることが必要です。

そのような向上心を持った人材を企業では必要としています。
自分で課題を発見したり解決策を模索したり、業務効率化をどう向上させるかを常に考えているような人材が転職では求められます。
今自分が手掛ける仕事は、数年後には年下のエンジニアでもできることを意識することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です