スキルなし エンジニアの転職のコツ

プログラミングの仕事は分業が多く、なかなかスキルが身に付かないと嘆くエンジニアは多いものです。
そのようなスキルなし エンジニアが転職を考える場合には、まずどのような言語を選ぶかが挙げられます。といっても専門スキルを持たずにどの言語でも、というわけにはいきません。
割と垣根が低いのはwebプログラマーです。
サーバ側のデータベース操作のためのJAVAやPHPあたりは割と簡単に扱えるものですし、あるいはクライアント側のJavaScriptも実践の中で覚えやすいものです。

この辺りならば求人募集も多いものですし、未経験者の採用もあります。
ただし、常に向上心を持って業務に取り組むことが大事です。
企業で求めるのは、常に進化する技術を柔軟に取り入れることができる人材です。
たとえ日常業務がどれほど忙しいとしても、独学でも学ぶ意欲のある人材が求められます。
その点を面接時にはアピールすることが必要です。

プログラミングはかなり細かく分業化されているので、下手をすると単純作業の繰り返しとなります。
その習慣に慣れることのないように、自分なりの目標を立てることも必要です。
エンジニアの定年は早いとされるので、何歳までにどのようなスキルを身に付けるのかを考えることが大事というわけです。
逆にスキルなし エンジニアならば管理職としての道を進むことも選ぶことができます。
そのためにはビジネススキルを高めることを意識して、日々の業務に取り組むことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です