スキルなし エンジニアの転職について

スキルなし エンジニアは時に、転職によってスキルアップを目指します。
一般的に会社のプロジェクトに参加する際に、メンバーのスキルに応じた仕事が割り振られます。
そこでスキルなし エンジニアには簡単な仕事しか回らないために、自分でスキル向上を行わない限りはいつまでも簡単な業務にしか携われなくなるのです。
求められるのはまず高度なプログラミングスキルです。
仕様書で指定される機能を果たすための簡潔なコードが書けることを求められます。
そして技術的なことの他にビジネススキルも必要です。

例えば、仕様書において疑問に思うことをマネジャーに的確に伝えることに役立ちます。また、プログラマーからSEへと移行する際にはクライアントとの折衝も行います。
予算の交渉や的確な要望を聞き出すこと、そしてメンバーとの円滑なコミュニケーションなど幅広いスキルが求められます。
このようなスキル向上を自分で計画して行うわけですが、職場環境によってはなかなかその機会が得られない場合もあります。
そのために、新たなスキル習得のために転職を検討するわけです。

もちろん、その向上心を理解してもらうことで、スキル磨きの機会は得られるものです。
会社から与えられるのを待つスタンスでは、なかなかスキルは身につかずに、いつまでも同じような業務しか回らないことを理解することが必要です。
必要とあれば休日を利用して、無料のスキルアップサイトを利用するなどの工夫も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です